沖縄平和賞支援募金の贈呈

【平成30年3月29日(木) 於:沖縄県庁】
●大嶺滿代表幹事および渕辺美紀副代表幹事は、沖縄平和賞委員会事務局長の金城弘昌 子ども生活福祉部長を訪ね、沖縄平和賞支援募金への寄付金10万円を贈呈しました。当同友会は、支援募金が設立された平成15年度から毎年継続して募金活動を続けており、今回で15回目になります。また、台北駐日經濟文化代表處那覇分處(處長:蘇啓誠)からお預りした寄付金10万円も、同行いただいた蘇處長より贈呈しました。
●『沖縄平和賞』は2年に1度、歴史的に沖縄と関わりの深いアジア太平洋地域の平和構築・維持のために活動している団体または個人に贈られる賞で、贈呈した寄付金は受賞者の賞金1千万円に充てられます。
●金城部長から「沖縄の平和への発信を進めたい。」と感謝のお言葉をいただきました。また、2月に発生した台湾花蓮県地震へのお見舞いのお言葉がありました。
●大嶺代表幹事は「平和賞は沖縄独自の取り組みであり、引き続き支援していきたい。」と抱負を語りました。
●蘇處長は、台湾花蓮県地震の被害に対し、県内から多くの義援金が寄せられたことへの謝意を述べられました。
●1月19日(金)の新春懇談会の会場内で実施した募金を沖縄平和賞委員会(会長:翁長雄志知事)へ寄贈しました。ご協力いただきました皆さま感謝いたします。ありがとうございました。
以 上

18heiwa

沖縄経済同友会事務局