沖縄平和賞支援募金の贈呈

 【沖縄平和賞支援募金の贈呈】

実施日:令和2年3月16日(月)

場 所:沖縄県庁

 

渕辺美紀代表幹事および川上康代表幹事は、沖縄県庁の謝花副知事を訪ね、沖縄平和賞支援募金への寄付金10万円を贈呈した。当会は、支援募金が設立された平成15年度から毎年継続して募金活動を続けており、今回で16回目になる。また、台北駐日經濟文化代表處那覇分處(處長:范 振國氏)からお預かりした寄付金10万円も、同行いただいた当会特別会員の范處長より贈呈した。

『沖縄平和賞』は2年に1度(第1回は平成14年から)、歴史的に沖縄と関わりの深いアジア太平洋地域の平和構築・維持のために活動している団体または個人に贈られる賞で、贈呈した寄付金は受賞者の賞金1千万円に充てられている。

謝花副知事から「温かい思いに支えられ、10回の節目を迎えた。今年は戦後75年の節目でもある。県としても平和の発信と戦争体験の継承に力を入れていきたい」と感謝した。

渕辺代表幹事は「国際平和への貢献が求められており、沖縄から発信することが重要になる。今後もできる限りの協力をしたい」と話した。

1月17日(金)の新春懇談会の会場内で実施した募金も合せて、沖縄平和賞支援募金として贈呈を行った。ご協力いただいた皆さま感謝申上げます。ありがとうございました。

DSC03908   DSC03912